2次元のセルオートマトン


ゲーム・オブ・ライフ
Applet Game of Life
・まず、マウスの左ボタンでセルをクリック(またはドラッグ)し、初期パターンを設定します。
・セル上の点()はマウスの右ボタン(またはShift+左ボタン)で消去できます。
・それから[Start]で動作を開始し、[Stop]で動作を停止します。
・[Reset]で画面全体が消去されます。
・Speedは slow, mid, fast から選択できます。
 (環境によっては、fastだと描画が追いつかないかもしれません)

1970年代にイギリスの数学者ジョン・コンウェイの作った 『ゲーム・オブ・ライフ(Game of Life.ライフゲームという呼び方のほうが一般的かも)』 を再現してみました。
これは2次元のセルオートマトンの例としても有名になったものです。

画面上のセルがのときはALIVE、のときはDEADとします。
画面上の各セルは、自分の周囲の8個のセルを見まわし、
 (1)周囲にALIVEのセルが2個あれば、自分は変化なし
 (2)周囲にALIVEのセルが3個あれば、自分はALIVEになる
 (3)その他であれば、自分はDEADになる
というルールで世代交代しながら、セルのパターンが変化します。

このプログラムではセル数が80×80しかありませんが、初期パターンをうまく設定すれば、面白い振る舞いが見られます。
パターン例を試してみてください。


(※このページのアプレットは、お使いの環境にJ2RE1.4以上のプラグインがインストールされていないと実行できません。)



 <参考文献>
  カ オ ス−カオス理論の基礎と応用、合原 一幸 編著、サイエンス社、1990


最初のページへ戻る